アクロバットマン
トップページ 技講座 筋トレ講座 ストレッチ講座 おすすめグッズ
過去のTOP絵一覧 書籍紹介 おすすめリンク集 サイトマップ 管理人にメール
その3


動画は
こちらを
クリック


動画は
こちらを
クリック


動画は
こちらを
クリック


 側宙のコツは


     一、グリコから開脚おじぎ、をすばやく
     
二、空中でアゴをひく 
     三、空中で足をすばやく振りなるべく早く地面に足をつける
     (地面さん、俺の足が早くオマエに会いたいって言ってるぜ!てな感じ)


 これらを身につけるには開脚した左手ロンダート
 の練習をたっくさんやってネ♪いつかストンとできてしまいます。
 自分でもビックリ!


左手は手をつく、
というよりも
地面を軽く
タッチする、
といった感じで。


開脚で足を
素早く振る!


跳んで足の位置を高く、
まだ地面に手はつかない。


かなり側宙の形に
近くなってきていますね。

気持ちは「側宙をやるぞ!」という気持ちで
練習してください。


回転が足りないゆえの頭ゴッチンを
片手で地面を軽くタッチして
あげることで防ぐわけです。


これなら恐くないネ♪

あとはこの練習をひたすら量をこなし左手にかかる体重を
なくしていきます。これで側宙の完成です。

開脚した左手
ロンダート


アゴをひくことで身体の回転は速くすることが出来る、
身体を大きく浮かすことが出来る、

という感覚はつかめたでしょうか。次は
開脚した左手ロンダートをしましょう。

空中で開脚することで片足ずつ地面に着地。
身体が逆さになっている時間を短くしましょう。



進行方向に対し
後ろ向き。

その2


身体を大きく
浮かせます。


アゴを引いた
左手ロンダート


アゴを
引きます。


ロンダートは最初から最後まで地面を見ながらできますが、

側宙は身体が逆さになったときアゴを引くため
一瞬地面を見ることが出来なくなります。


これがロンダートと側宙の一番の違いです。
この技でその感覚をつかんでネ♪


次にアゴを引いた左手ロンダートをします。
このコーナーをご覧になってる方は

既に左手ロンダートが出来る方と思いますので
(出来ない方は左手ロンダートのコーナーで練習してね。)

このような左手をついた後アゴを引いて
身体を大きく浮かした

左手ロンダートを身につけます。


グリコから
開脚おじぎ

その1
練習方法


まず、
グリコから開脚おじぎの練習をします。
できるだけ足を素早く高く、頭の下げを
素早くしましょう。


顔は横を向きます。
(カメラ目線を意識してるわけではありませんよ。)
最初の入りの形を作りましょう。


動画は
こちらをクリック

戻る
@助走っ!今日も元気にタンクトップだ F跳んだっ!このとき両肘で体を天に向かって引っ張る感じ
Aグリコッ!ってな感じで左膝を上げたステップ Gとにかく素早く!足をおもいっきり開く
Bここから側宙 H意識を置くのは左足、弧を描くように
C右足を左足の裏にもってきてクロス I左足、ブン回せ!画面から外れちゃってます
D頭を下げ、跳ぶ準備 J右足から着地、まだ左足止めちゃダメ
E左足で踏み切るっ! Kフィニッシュ、動画ではウグイスがホーホケキョ♪進行方向に対し後ろ向きで終わります。


気に入らない奴の
脳天に蹴りを
入れたいときにも
有効な技!

ここでは左手ロンダートを
発展させて側宙を
マスターする練習方法を公開
します。

右手のほうがやりやすい、と
いう方はこのコーナーの
「左手」という言葉を「右手」に
置き換えてご覧になって
ください。

解説

側宙